地域を潤す命の源~水・土・里~を守る

世界かんがい施設遺産

  • HOME »
  • 世界かんがい施設遺産

世界かんがい施設遺産とは

かんがい施設遺産は、かんがいの歴史・発展を明らかにし、かんがい施設の適切な保全に資するために、歴史的なかんがい施設を国際かんがい排水委員会(ICID)が認定・登録する制度で、2014年から取組が始まりました。登録により、かんがい施設の持続的な活用・保全方法の蓄積、かんがい施設の維持管理に関する意識向上に寄与するとともに、地域づくりへの活用が期待されます。2016年までに8ヶ国47施設が登録されており、2017年は新たに5ヶ国13施設が登録されました。

 

世界かんがい施設遺産の対象施設・登録基準

建設から100年以上経過した次のいずれかの施設

①ダム ②ため池等の貯水施設 ③堰、分水施設 ④水路 ⑤古い水車 ⑥はねつるべ ⑦排水施設

⑧現在または過去の農業用水管理に機能上関係する(していた)区域又は構造物

 

9項目の基準のうち1つ以上満たす施設

①潅漑農業の発展、食料増産等に資するもの    ②設計、施工等が当時としては先進的なもの

③農村の発展、貧困削減に大きく貢献したもの   ④設計、施工等が当時としては革新的なもの

⑤現在の技術への発展に貢献したもの       ⑥環境に配慮した設計・施工を行っているもの

⑦当時としては驚異的な技術であったもの     ⑧建設手法がユニークなもの

⑨伝統文化、文明の痕跡を有するもの

 

国際かんがい排水委員会(ICID)とは

国際かんがい排水委員会(ICID)とは、かんがい排水に係る科学的・技術的知見により、食料や繊維の供給を世界規模で強化することを目的として1950年に設立された非営利・非政府国際機関であり、本部はインドのニューデリーにあります。日本は1951年に加盟し、日本を含む各国が国内委員会を設置しています。

ICIDには76の国・地域が加盟しています。(2017年11月現在)

 

世界かんがい施設遺産の登録施設(世界)

 国名 2017年分登録件数 2016年分登録件数 2015年分登録件数  2014年分登録件数  合計
 日本 14  31 
中国 –  13 
韓国 –  – 
エジプト –  – 
タイ – 
スリランカ –  – 
豪州 2 –  –  – 
メキシコ 2 –  –  – 
パキスタン –  – 
ロシア –  –  – 
合計 13  25  17  60 

〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河4620番地 TEL 0736-73-2173

PAGETOP
Copyright © 水土里ネット小田井 All Rights Reserved.